ファンタジー漫画

漫画「便利屋斎藤さん、異世界に行く」の感想・レビュー!便利屋の技能を生かす面白いマンガ

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

異世界転生や異世界転移を題材にした、いわゆる「異世界転生もの」作品の多くは、異世界に行く際に様々な”恩恵(チート)”を受けることが、定番のパターンになっています。

しかし、最近は「異世界転生もの」の作品が飽和しつつあることから、差別化するために様々な作風が生まれており、定番の設定である”恩恵(チート)”を受けずに、特別な力がない凡人として異世界に放り出される作品も登場するようになりました。

本日ご紹介する漫画は、現世の日本で便利屋を生業とする青年が、剣と魔法があふれてモンスターがはびこる異世界で、自分ができることを見つけて仲間をサポートしていく冒険ファンタジー作品です。


タイトル:便利屋斎藤さん、異世界に行く
作者  :一智和智
連載期間:2019年~
巻数  :既刊7巻(2022年9月現在)

現在の日本で便利屋を生業としている青年が突如異世界に転移して、そこで出会った魔法使い、重戦士、妖精の3人の仲間と共にダンジョンを探索する「冒険ファンタジー×コメディー」漫画です。

この作品はWeb漫画で連作されていましたが、ネットで話題になって人気作品に成長しており、2023年にはアニメ化することが決まっている作品です。

最近はWeb漫画が一定の認知度を得るようになったことから、個人が少ないリスクで漫画作品を世の中に発表できるようになりました。

そうした作品の中からアニメ化のオファーを受けるというのも珍しくはなくなってきており、個人的にはこの漫画はアニメ化によってもっと広く知られて伸びていく作品だと考えています。

おすすめ漫画ランキング274作!感想/レビュー付きで絶対面白いマンガが見つかる【2022年版】 ■274作品を掲載!(2022年9月7日 更新) 当ブログではこれまで様々な漫画の感想を書いてきましたが、その際にジャンル...

●スポンサーリンク


話題沸騰中の面白い漫画「便利屋斎藤さん、異世界に行く」のあらすじ

主人公の斎藤(サイトウ)は、「鍵開け」「水道・電気工事」「鞄の修理」などの仕事をの委託を受ける職人とする便利屋でしたが、仕事の中で自分が必要とされている感覚が得られず、悶々とした思いを抱えたまま日々過ごしていました。

ある日、斎藤はトラックに跳ねられそうになったところで、突如異世界に転移するのですが、転移先に偶然出くわした魔法使い、重戦士、妖精の冒険パーティーと出会い、現世での鍵開けのノウハウを駆使して宝箱を開けたり、道具を直すスキル等を使って武具を修理する“便利屋”の経験を異世界で活かすことで活路を見出します。

斎藤はこれまで平々凡々と生きており、運動や勉強でも、そこそここなせて決して一番になれない普通の人間ですが、特別な特技はなくとも自分でできることを考えて、周囲を徹底敵にサポートすることで、仲間の中でかけがえのない存在となり、次第にパーティー全体が名声を挙げるようになります。


引用元:便利屋斎藤さん、異世界に行く

斎藤が異世界に来てからの生活は、危険も多いが非常に充実しており、鍵開けの腕を買われて、職業「盗賊」として他のパーティーメンバーと共にダンジョンを潜って日銭を稼ぐ冒険者としての生活に、現世では得られなかった充足感と、仲間から必要とされていることでの満足感を得ることになります。

スポンサーリンク

次第に面白くなるマンガ「便利屋斎藤さん、異世界に行く」の感想

この漫画はニコニコ静画などのWeb漫画サイトにて連載中の作品で、2019年より単行本化されており、2023年にはアニメ化される現在話題沸騰中の漫画です。

元はWeb漫画ということもあり、ショートショートのストーリーが続く展開でしたが、巻数が進むにつれて、世界観が広がって、物語の展開がどんどん面白くなっていきます。

物語の舞台は中世ヨーロッパ調で、剣と魔法が登場する王道の冒険ファンタジー作品と言えるのですが、コミカルな要素が強く、コメディー漫画として色が濃い作品と言えます。

そのため、コメディー要素とシリアスな要素が常に混在しており、落ち着きがないことから、読者を一定選ぶ作品とも言えます。

世界設定やキャラクターの設定が後付けでどんどん増えることから、物語構成が不自然に感じる所が多々ありますが、元はWeb漫画と考えて一定許容が必要な作品です。


引用元:便利屋斎藤さん、異世界に行く

この漫画で登場するキャラクターはどれも個性が強くて、また作品の規模から考えると登場人物が非常に多くて、アンバランスな感覚の作風ですが、巻数が進む中でそれぞれのキャラクターのつながりを上手く補正しており、今後の物語展開が非常に楽しみな漫画と言えます。

【まとめ買い】便利屋斎藤さん、異世界に行く[Kindle版]

「一智和智」の他の作品のご紹介

一智和智の作品は主に人物を中心にして描く作風で、キャラクターの個性が非常に強く、物語をキャラクターの個性でつなぐ作風と言えます。

絵柄はうまいともいえる部分もありますが、手を抜いて描いているようにも思えるところが混在しており、絵柄は少々安定感がないですが、インパクトの強い作品が魅力の作家と言えます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

●スポンサーリンク


無料で漫画が読めるサービスをご紹介

◆毎月15冊まで無料でもらえる「タダ本」

『タダ本』は現物の漫画や書籍が無料でもらえる業界初のサブスクリプションサービスです。

年会費5,800円が必要ですが、対象商品20万冊以上の中から毎月15冊まで選べるので、年間最大19,800円分の漫画や書籍がもらえます。

電子書籍では読みづらいと感じている方や現物の本でコレクションしたいと考えている方には最高のサブスクリプションサービスです。

◆無料本常時2000冊以上!「Amebaマンガ」

Amebaマンガは、ブログで有名な「Ameba」が運営する日本最大級の電子コミックサービスです。

新規会員登録(無料)を行う事でポイントが付与されたり、定期的に半額のクーポンが配布されるなど大手ならではのサービスが魅力です。

常に無料本常時2000冊以上公開されており、200社以上の出版社作品が読めることや、購入をするたびに支払い金額の1%~のポイント還元といったサービスを行っています。

◆最大級の品ぞろえ「eBookJapan(イーブックジャパン)」

ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

◆試し読みが充実している「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆還元セールが魅力の「DMMブックス」

DMMブックスは国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMMブックスは、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク