ミステリー・サスペンス漫画

漫画「テスラノート」の感想・レビュー!発明家の遺品をめぐるスパイ漫画が面白い

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

世の中のコンテンツ作品が市場で展開して広まっていくには、メディアに「上流」と「下流」が存在し、一般的には小説や漫画は「上流」で、アニメは「下流」となっています。

これは、小説を原作とした作品が人気になって漫画化した後に、アニメ化するという流れを見ればお判りだと思います。

ただ、昨今はアニメ業界のコンテンツ不足から、「下流」であるアニメから先にスタートして、「上流」に逆展開する作品も見受けられるようになりました。

本日ご紹介する漫画はアニメの脚本が原作となっている漫画作品で、発明家の遺産をめぐるスパイアクションが売りの作品です。


タイトル:テスラノート
作者  :原作.西田征史 久保忠佳 漫画.三宮宏太
連載期間:2021年~
巻数  :既刊6巻(2022年4月)

天才科学者ニコラ・テスラの発明の記録が収まった水晶「テスラの欠片」をめぐり、各国の諜報機関が争奪戦を繰り広げる「SFミステリー×スパイアクション」漫画です。

この作品はアニメ放送が前提とした作品であることから、コンテンツ自体がアニメをターゲットとした構成になっており、漫画作品として読んだ時に物語の展開が非常に早く感じる事や、アニメ特有の脚本/演出が入ってくるなど若干の違和感があることで、評価が分かれる作品だと思います。

ただ、アニメファンからは漫画作品への導入ハードルが低く、「アニメ」から「漫画」への逆展開を意識した作品となっており、コンテンツ業界における珍しい取り組みであることから、作品の反響次第では今後のコンテンツ業界の販売戦略に影響する作品となっています。

おすすめ漫画ランキング267作!感想/レビュー付きで絶対面白いマンガが見つかる【2022年版】 ■268作品を掲載!(2022年5月11日 更新) 当ブログではこれまで様々な漫画の感想を書いてきましたが、その際にジャン...

スパイアクション漫画「テスラノート」のあらすじ

主人公で女子高生の根来牡丹(ねごろ ぼたん)は幼少頃より根来忍者の末裔でもある祖父より最高の諜報員に成るべく英才教育を受けて育てられていました。

ある日、ノルウェーで走行中の列車が空間転移する事件が起きたことをきっかけに、牡丹は日本の諜報機関である”日本安全振興株式会社”の仲間と共に、天才科学者ニコラ・テスラの発明の記録が収まった水晶「テスラの欠片」を回収する任務に召集されます。

「テスラの欠片」にはニコラ・テスラの開発の記録がおさまっており、ニコラ・テスラは当時の技術力では自身の発明を扱う事ができないと判断し、技術を未来へ残す為に発明品ごとにわけた水晶を、100年後まで利用できないようにロックを施します。


引用元:テスラノート

しかし、二コラ・テスラは技術を狙う組織に追われたことから、水晶を世界各国にバラまいて隠し、日本の諜報員として活動していた牡丹の祖父である根来甚吾に水晶が暴走した際は速やかに回収するように依頼します。

それから時がめぐり、ノルウェーで起きた列車が空間転移する事件が「テスラの欠片」が関与していることから、テスラの技術を手にしたい各国の思惑で、「テスラの欠片」をめぐる争奪戦が繰り広げることとなります。

スポンサーリンク

アニメ脚本が原作のマンガ「テスラノート」の感想

この漫画は実在の人物で「天才肌の発明家」として知られるニコラ・テスラを題材にした物語となっており、人気アニメ「TIGER & BUNNY」の構成・脚本の人が原作となっている漫画作品です。

原作である脚本が、初めからアニメ作品を主眼とした作品であることから、漫画はアニメの宣伝的な位置づけとなっており、漫画連載が始まってすぐにアニメ放送が始まりました。

アニメの脚本が原作となっていることから、漫画としては展開が非常に早くて、若干の違和感を覚えますが、シリアスな展開の中でもコミカルな要素を挟んでくるなど、緩急を付けた構成となっています。


引用元:テスラノート

ただ、世界の諜報機関や諜報員(スパイ)をテーマにした作品としてはリアリティが乏しくて、主人公と主人公を取り巻く仲間のグダグダな展開が時折挟まることで、本格的なスパイアクションを求めている読者には肩透かしを喰らう作品と言えます。

絵やキャラクターデザインは万人受けしやすい今風のものとなっており、キャラクターの喜怒哀楽もしっかりと描けている事から手に取りやすい作品で、アニメファンにもおすすめ出来る漫画となっています。

【まとめ買い】 テスラノート [Kindle版]

アニメ版はこちらです。

「三宮宏太」の他の作品のご紹介

三宮宏太の作品は今風の絵柄で人種を問わず幅広くキャラクターを描き分けており、一般受けしやすい絵柄が特徴となっています。

これまでに発表したマンガ作品は原作者が別で作画を担当するスタイルであるため、漫画家としての才能は未知数ですが、物語を丁寧に絵で表現をしており、今後が楽しみな作家の一人です。

「三宮宏太の有名作品一覧」
テスラノート
青春相関図

スポンサーリンク


スポンサーリンク

無料で漫画が読めるサービスをご紹介

◆毎月15冊まで無料でもらえる「タダ本」

『タダ本』は現物の漫画や書籍が無料でもらえる業界初のサブスクリプションサービスです。

年会費5,800円が必要ですが、対象商品20万冊以上の中から毎月15冊まで選べるので、年間最大19,800円分の漫画や書籍がもらえます。

電子書籍では読みづらいと感じている方や現物の本でコレクションしたいと考えている方には最高のサブスクリプションサービスです。

◆無料本常時2000冊以上!「Amebaマンガ」

Amebaマンガは、ブログで有名な「Ameba」が運営する日本最大級の電子コミックサービスです。

新規会員登録(無料)を行う事でポイントが付与されたり、定期的に半額のクーポンが配布されるなど大手ならではのサービスが魅力です。

常に無料本常時2000冊以上公開されており、200社以上の出版社作品が読めることや、購入をするたびに支払い金額の1%~のポイント還元といったサービスを行っています。

◆最大級の品ぞろえ「eBookJapan(イーブックジャパン)」

ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

◆試し読みが充実している「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆還元セールが魅力の「DMMブックス」

DMMブックスは国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMMブックスは、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク