SF漫画

漫画「村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない」の感想・レビュー!設定が斬新で面白いSF×ミステリー漫画

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

ここ十数年で一番発展した機械はパソコンであり、個人のツールとして広く普及し、「コンピューターゲーム」という新しいゲームジャンルを生み出しました。

「コンピューターゲーム」は様々なゲームジャンルが存在しますが、そうしたジャンルの一つに「街づくり」をテーマにしたシミュレーションゲームがあり、多くのタイトルが存在します。

本日ご紹介する漫画は、引きこもりの青年が「村を発展させるゲーム」のテストプレイヤーに選ばれたことにより、ゲームのNPC(ノン・プレイヤー・キャラ)に感化されて現実世界が好転していく不思議な物語となっています。

タイトル:村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない
作者  :原作.昼熊  漫画.森田 和彦
連載期間:2020年~
巻数  :既刊5巻(2023年1月)

10年来ニートとして引きこもり生活を続けていた青年が、差出人不明の村を発展させるゲームのテストプレイヤーに選ばれたことで、ゲーム内の村の発展を通して人として成長していく「SF×ミステリー」漫画です。

この作品は、タイトルからゲームの世界に入り込む「異世界転生モノ」かと思いますが、「村づくり」をするゲームのプレイヤーとして、現実世界の日常を描いた一風変わった内容となっています。

ただ、ゲームの中でNPCが行ったことが、現実に反映されるという不思議な展開があり、漫画のジャンルとしてしっくりとあてはまるものが無く、あえて言えば「SF×ミステリー」に含まれる作品かと思います。

おすすめ漫画ランキング280作!感想/レビュー付きで絶対面白いマンガが見つかる【2023年版】 ■280作品を掲載!(2023年1月11日 更新) 当ブログではこれまで様々な漫画の感想を書いてきましたが、その際にジャン...

●スポンサーリンク


設定が面白いマンガ「村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない」のあらすじ

主人公の良夫(よしお)は、大学を卒業後はそのまま就職して社会人になり、順風満帆の人生を送ると考えていましたが、就職活動に失敗したことをきっかけに自宅に引きこもるようになり、10年余りニートの生活を送っていました。

ある日、良夫の元に差出人不明の小包が届き、開封したところ中身は『命運の村』という未発表タイトルのゲームソフトでした。

良夫は趣味で応募している懸賞に当選して、未発表ゲームのテストプレイヤーに選ばれたと考え、ダウンロードをしてプレイを始めたところ、実写と見紛うような美麗なグラフィックのゲームが始まります。

『命運の村』は、1日1回だけゲーム内で「神託」という形でNPC(ノン・プレイヤー・キャラクター)である村人に指示を出せる仕組となっており、神様として村人に神託を与えて村を発展さえて繁栄に導くゲームでした。


引用元:村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない

ゲームの中の村人は、まるで現実に生きているかのように振る舞い、良夫の指示に従い、モンスターといった外敵から身を守り、村を発展させていきます。

実写と見紛うような美麗なグラフィックと、まるで生きているかのように振る舞うNPCの村人がいる『命運の村』というゲームにハマった良夫は、村をより発展させる為には課金が必要になったことから、ニート生活10年目にしてお金を稼ぐ為にアルバイトを始めることになります。

スポンサーリンク

「村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない」の感想

この漫画は村を発展させるシミュレーションゲームを通して、プレイヤーである青年が成長していく様を描いた、かなり珍しいストーリー構成となっています。

最近流行りの「異世界転生もの」では、ゲームの世界に紛れ込んでしまう作品が多数存在しますが、この漫画では、現実世界とゲームの中の世界はきっちりと線引きがされており、主人公は「村を導く神様」として、1日1回NPCに神託を与えることしか出来ません。

しかし、村が発展して、村人が神へのお供えをするようになると、そのお供え物が良夫の自宅に宅配便として届けられるようになり、ゲームの世界の出来事が現実に影響するようになります。


引用元:村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない

『命運の村』は最近のゲームシステムと同じように「課金システム」があり、村をより効率良く発展させるためには課金が必要があることから、引きこもりだった主人公は家族との対話を持つようになり、仕事を探して収入を得るためにアルバイトを始めます。

タイトルから、最近よく目にする「ゲームの世界に転生して活躍する」物語と思っていましたが、現実とゲームの世界の線引きが非常にうまく、引きこもっていた主人公が家族との絆と、社会とのつながりを得て自立していく面白い物語展開で、人にお勧めしやすい漫画と言えます。

【まとめ買い】村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない[Kindle版]

小説版はこちらになります。

「森田和彦」の他の作品のご紹介

森田和彦は原作者が別で作画を担当する作品が多く、これまで発表されている作品はどれも原作者が別におられます。

絵は今風とは言えませんが、古臭いわけでもなく、人物だけでなく背景も細部までしっかりと描かれており、今後に期待が持てる漫画家と言えます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

●スポンサーリンク


無料で漫画が読めるサービスをご紹介

◆毎月15冊まで無料でもらえる「タダ本」

『タダ本』は現物の漫画や書籍が無料でもらえる業界初のサブスクリプションサービスです。

年会費5,800円が必要ですが、対象商品20万冊以上の中から毎月15冊まで選べるので、年間最大19,800円分の漫画や書籍がもらえます。

電子書籍では読みづらいと感じている方や現物の本でコレクションしたいと考えている方には最高のサブスクリプションサービスです。

◆無料本常時2000冊以上!「Amebaマンガ」

Amebaマンガは、ブログで有名な「Ameba」が運営する日本最大級の電子コミックサービスです。

新規会員登録(無料)を行う事でポイントが付与されたり、定期的に半額のクーポンが配布されるなど大手ならではのサービスが魅力です。

常に無料本常時2000冊以上公開されており、200社以上の出版社作品が読めることや、購入をするたびに支払い金額の1%~のポイント還元といったサービスを行っています。

◆最大級の品ぞろえ「eBookJapan(イーブックジャパン)」

ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

◆試し読みが充実している「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆還元セールが魅力の「DMMブックス」

DMMブックスは国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMMブックスは、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク