ファンタジー漫画

漫画「ロメリア戦記」の感想・レビュー!魔王討伐後の世界設定が面白いこれまでにない展開のマンガ

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

小説や漫画作品では勇者や魔王を題材にしたファンタジー作品は数多く存在し、最近のラノベブームも相まって、様々な世界設定の作品が世の中にあふれるようになりました。

そのため、最近では奇をてらった展開が続く作品や、物語の後日談自体がメインストーリーになっている作品も登場するようになり、新しいカテゴリのコンテンツ作品が生まれてつつあります。

本日ご紹介する漫画は勇者一行が魔王を討伐した後の世界がメインストーリーとなっており、魔王討伐だけでは脅威が去っていない世界を描いた新しいタイプの「ファンタジー×ミリタリー」漫画作品となっています。

タイトル:ロメリア戦記~伯爵令嬢、魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織する~
作者  :原作.有山リョウ 漫画.上戸亮
連載期間:2021年~
巻数  :既刊2巻(2022年5月)

人類の敵である魔王を倒すために苦楽を共にしてきた勇者一行の一人である伯爵令嬢が、魔王を倒して凱旋する際に、勇者であり婚約者でもある王子から婚姻の破棄を宣言され、帰国後に辺境の地で魔王軍を迎え撃つために私設軍隊を組織する物語です。

この作品は「ロメリア戦記~伯爵令嬢、魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織する~」というタイトルで、ラノベ風の妙に長い副題がついているため、おおよその物語の内容がイメージしやすいようになっています。

物語は魔王を討伐した後から始まるため、これまでにあまりないタイプのファンタジー作品となっており、ありふれた展開に飽きている方にはおすすめの漫画と言えます。

ただ、原作ありきの物語展開となっており、原作を知らない方が読むと、少々展開が分からないところがあることから、コミカライズをもう少し丁寧に進めてほしい作品と言えます。

おすすめ漫画ランキング267作!感想/レビュー付きで絶対面白いマンガが見つかる【2022年版】 ■268作品を掲載!(2022年5月11日 更新) 当ブログではこれまで様々な漫画の感想を書いてきましたが、その際にジャン...

魔王討伐後が描かれた面白い漫画「ロメリア戦記」のあらすじ

主人公のロメリア・フォン・グラハムはライオネル王国の一地方を収めるグラハム伯爵の令嬢で、ライオネル王国の王子の婚約者でもありました。

10年前に魔王と魔族の軍勢が大陸に現れて以来、魔王軍が支配地域を広げる中、ライオネル王国にも戦火が迫り、王国の存続の危機であることから、王子自身が勇者として魔族が支配する地域に潜入して単身魔王討伐の旅に出ます。

ロメリアも王子の婚約者として旅に同行して、魔族の支配地域に潜伏して3年に及ぶ長い旅の果てに、魔王をうち果たすという目的を達成しました。

ロメリアは剣も魔法も治癒の力もありませんが、情報を集めたり兵站を確保するといった裏方として勇者一行の旅を支えていました。

勇者一行は魔王を討ち、いざ凱旋の為に帰国するというときに、婚約者である王子から、ロメリアが魔王討伐で戦力になっていたかったことを理由に婚姻の破棄を宣言されます。


引用元:ロメリア戦記~伯爵令嬢、魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織する~

ロメリアは帰国後も魔王軍の脅威が失われていないことを危惧し、将来を見据えて辺境地で私設の軍隊を組織します。

スポンサーリンク

原作を読むとなお面白いマンガ「ロメリア戦記」の感想

この漫画は「小説家になろう」で執筆されていた小説が原作の漫画作品となっており、設定などはほとんど変わりはありませんが、コミカライズ化する際にかなり大きく編集されています。

そのため、原作を読んでいない方にはいくつか物語の展開が分かりにくいところが多く、世界観やストーリーのバックボーンとなる重要なところが、かなり割愛されていることから、読者にとっては状況よくわからないところが散見しています。

コミカライズ版の読者として一番分からない「魔王を討伐したのになぜ魔王軍の脅威が続くのか?」というところについて、”勇者一行は魔王を暗殺により討伐した為、魔族の支配地域と軍組織はそのまま残っている”からなのですが、このあたりの説明が漫画では明確に語られていません。


引用元:ロメリア戦記~伯爵令嬢、魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織する~

そのほか、ロメリアの特別なスキルである『恩寵』についても、効果の制限などが語られていないことから、原作を読んでいない読者にとっては、よくわからない物語展開が続く為、コミカライズ化にあたって少々失敗しているように思えます。

ただ、物語全体としては知力と胆力で軍隊を組織して勝ち進み、立身出世する物語となっており、今後の展開が気になる作品と言えます。

小説版はこちらです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

無料で漫画が読めるサービスをご紹介

◆毎月15冊まで無料でもらえる「タダ本」

『タダ本』は現物の漫画や書籍が無料でもらえる業界初のサブスクリプションサービスです。

年会費5,800円が必要ですが、対象商品20万冊以上の中から毎月15冊まで選べるので、年間最大19,800円分の漫画や書籍がもらえます。

電子書籍では読みづらいと感じている方や現物の本でコレクションしたいと考えている方には最高のサブスクリプションサービスです。

◆無料本常時2000冊以上!「Amebaマンガ」

Amebaマンガは、ブログで有名な「Ameba」が運営する日本最大級の電子コミックサービスです。

新規会員登録(無料)を行う事でポイントが付与されたり、定期的に半額のクーポンが配布されるなど大手ならではのサービスが魅力です。

常に無料本常時2000冊以上公開されており、200社以上の出版社作品が読めることや、購入をするたびに支払い金額の1%~のポイント還元といったサービスを行っています。

◆最大級の品ぞろえ「eBookJapan(イーブックジャパン)」

ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

◆試し読みが充実している「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆還元セールが魅力の「DMMブックス」

DMMブックスは国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMMブックスは、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク